子連れでヨガ!ママヨガで育児疲れをリフレッシュ

高山市で赤ちゃん連れでヨガをする 施設・サービス
スポンサーリンク

ケアできない、子育てママの身体の悩み

子育て中の皆様、お疲れ様です。

特に家で乳幼児を育てているうちは、授乳に子供のお世話、エンドレスなお部屋の片付け、さらには通常の家事と、慢性的な疲労が尽きません。

私もずっと肩こりや腰痛、足の張りと慢性疲労で体がボロボロで、身体のケアをしたくても自分にかける時間などなく、痛みや辛さをただ耐えるしかない、とても辛い時期がありました。

週末に旦那さんに子供をみてもらって、マッサージに駆け込んだりもしました。

でもマッサージって、やってもらっている間はとても気持ち良いけれど、身体の不調を根本から治療することはできないので、すぐにぶり返してしまうんですよね。

費用もかかるし、なかなか継続できるものではありません。。

飛騨地域の子育てママの救世主 ママヨガ

そんなとき、出産をした高山市山田町のアルプスベルクリニックで「ママヨガ」というクラスがあることを知りました。

ヨガは、まるで自分でやるマッサージのようなもの。不思議なことに、高いお金を払って他人にマッサージしてもらうよりも、短時間でずっと深く身体がほぐれて、痛みが癒され、気持ちまでリフレッシュするんですよね。

以前はヨガをやっていたけどすっかりご無沙汰だった私。これは、子育て中こそ行くべきだ!と、参加するようになりました。

(アルプスベルクリニックでの出産レポート記事はこちら)

毎週火曜日の午後に、クリニックの多目的ホールで行われていて、3歳くらいまでの子供と一緒に参加 OK!

ほとんどの方が子連れで参加しているので、子供が泣いてもぐずっても、暴れたりよその子にちょっかい出しても、お互いさまなので、そんなに気にする必要ありません。

妊娠・出産前はヨガをやっていた、というママさんだけでなく、ヨガは初めてという方にも優しく教えていただけるので、とてもおすすめです。

高山アルプスベル クリニックのママヨガ、おすすめポイント

1回のレッスンわずか 1,000円の都度払い

子供の都合に振り回される、子育てママのスケジュールは常に流動的。

固定の月謝制だと少し躊躇してしまいますが、ママヨガは1回1,000円と良心的な価格の都度払い。

通常のヨガスタジオでも、1回ごとの価格は 2,000円〜 が一般的なので、この価格は続けやすくってありがたい。

レッスン後に現金で先生にお支払いします。

子供のおもちゃアリ

場所が産院なので、子供の遊び道具・おもちゃが揃っています。

毎回クラスが始まるときに、先生がお部屋の中心におもちゃを広げてくださると、子供たちがわらわらと集まって、思い思いに遊んでいますよ。

藤原マイ先生 ウェブサイトより

授乳室やオムツ替え設備など充実

クラスの場所が産院ということもあり、設備はとても整っています。

院内には、授乳室やオムツかえ専用のお部屋があり、トイレも赤ちゃん連れ可能ですよ。

開講情報・予約方法

毎週火曜日13時半〜14時半(第5火曜日はお休み)

第1火曜日は 谷口みどり先生(morinowa.dakkotoonbu@gmail.com)が、

第2〜第4火曜日は 藤原マイ先生(kinari@ezweb.ne.jp)が

それぞれクラスを担当されています。(5週目はおやすみ)

予約は担当の先生に事前にメールで連絡をして、当日はアルプスベル クリニック3Fの多目的ホールに直行しましょう。病院受付の必要はありません。

詳細なスケジュールは、藤原マイ先生のインスタでも共有されることがあります!

いつも子供中心に動いているママさんが、自分時間をとり戻すきっかけになりますように!

コメント